幸せ?すぎのこ結婚生活☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ともだちのことで悩む

今日はすぎのこの友人のお話
年末から今日、この時間までず~っと考えている難題
ある時はイライラして
ある時は悲しくて
ある時はどうでもよくなって
でも、やっぱり気になって色々考えてる

ブログをはじめて以来、メチャクチャ長い記事になってしまいました(^^;
お付き合いしていただける方のみ、つづきをどうぞ!


その友人は最近結婚しました。
ホントだったら
おめでとう!
って心からお祝いするところだろうけど
それが出来なかった。
結婚が決まったときはよかったねって思えたのだけど
日に日に色々疑問が出てきて
何度考えても心からおめでとうを言える心境になれない

友人・・・彼女は過去に中絶をしています。
その中絶の一件が壮絶でした。

当時、彼女はずっと生理がきてなくて
微熱も続く日々。
冗談で

妊娠したんじゃないの?

なんて言っていたら
本当に妊娠していた。

彼女は泣いて私の携帯に電話をかけてきて
その事実を打ち明けた
泣いているというか半狂乱というか
とにかく泣きまくっていた

びっくりした私は一緒にいた別の友人と彼女を迎えにいった

まず彼女を落ち着かせて話を聞いた

何週なのか?
誰の子なのか?
今後どうするのか?


話を聞いて驚いた。

なんと、中絶できるギリギリの時期でした
(正確な週は忘れてしまったけど・・・)

そして相手は誰なのか?
これが一番驚いたのだけど
彼女の返事は

わからない

絶句デス
彼女の中で思い出す人は計算上合わない。
でも、病院の診断がそんなにずれるはずがない。

そんなことないでしょ?思い出しなよ!

そういっても彼女は相手を思い出すことが出来ず
計算上合わないけど彼女がその人だというなら
私たちは何も言えなくて
とりあえずその人に連絡をとることにした

でも、電話に出たものの
電車に乗るから~
と言ってすぐに切られてしまった。

考えなおして
やっぱりその人なわけない。時期が合わない。
頭を悩ませているとき

私があることを思い出して
相手の人が判明した。
偶然、その日の写真が携帯に残っていたから
正確な日にちがわかった。

彼女は泣きっぱなしで
話せる状態じゃなかったし、私の知り合いでもあったので
私が彼に電話をして
会う約束をした。

その彼に合うまでの時間
中絶手術をしてくれる病院を一緒にいた友人と探した。
でも、電話しても電話しても
手術を引き受けてくれる病院はなくて・・・・

母体に影響が出るかもしれないからなのかな?

とにかく電話帳や携帯で調べた病院ではどこも引き受けてくれなかった
その間も彼女は泣いているばかりで

もう、子供をひとり産んでいる一緒にいた友人はみかねて

しっかりしなよ!少なくとも今は○○がそのお腹の子の母親なんだよ!

と叱った。

やっとある病院からここならしてくれるかもしれないと
病院を紹介してくれて、連絡してみるととりあえず一度診察に来てください
と言われ、予約。

そして泣いてばかりいる彼女と相手の人に会いに行った
彼女は泣いてばかりで話せなくて
がんばって自分で話しなよ
といっても途中までしか話せなくて
結局私が話しを進めました
彼からは予想はしていたけど
生ませてあげることはできない

という答えが返ってきました。
妊娠した彼女自身も生む意志はないので
そのことに同意。
費用は彼が持つ。病院には一緒にいく。

そう話が終わって友人を自宅まで送りました。
そうやって彼女は一つの命をなくしました。


そして昨年、彼女は結婚しました。
相手は別の人です

二人は私の紹介で付き合い始めました。
付き合っている頃、そのことは彼には内緒にして欲しいといわれました

結婚するときには話すのかな?と思っていたので
彼に話すことはなく順調にお付き合いが進んだのです。

そして、結婚。
彼女はその事は彼には伝えず入籍しました。
そのことを確認するために電話で話したとき
彼女に

彼には一生話さないことにしたからそのことはよろしく
父も彼のことを気に入っているから話すなって言うの。
お父さんが責任をとるから。って言ってくれるの
もちろんそんなことできないけどさ


そう言われて私は・・・・嫌悪感を抱いたというか。。。
なんで・・・父親が責任?
どうやって取る!
できないってわかってるのに結局親に甘えているように感じました

色々思いが巡りまわったけど
とりあえず仕事の合間だったので電話を切りました。

年明けに仲間で集まって結婚の御祝いをしようと思っていたけど
そんな気になれなくなってしまった。

まず、
結婚相手の人にそれだけの事実を言わないで結婚する
という感覚が私には理解できない。
はじめからそんな重要なことを言わずに夫婦の絆ってできるものなんだろうか。
私には出来ません。

特に・・・つい最近流産したから私にとっての『命』の重さが変わった。
言葉で表現するのは難しいけど・・・私にとっては
ズッシリ重いことの一つです。

その事実を言わずに彼の横で笑っているなんて
出来ない!
話したからって笑えるというわけでもないけど。

はじめはそんなかんじで何故か怒りだけがあった。
それに中絶したときいつか彼女が結婚するとき
そのことも受け入れてくれる人と幸せになってほしい
そう思ってました。

私たちに対する態度も気に入らなかった。
これからも彼には話さないで欲しいのなら
電話なんかで言わずに
結婚の報告をするときに
真剣にみんなに言うべきじゃなかったのかな?
そしたらきっとここまで怒りとか嫌悪感とかなかったんだと思う。

彼女は私一人が抱えていけばいいことと言っています。
問題が起きたときは
号泣して電話をかけてきて助けを求め
一人では何もできなかった彼女。
子供の父親もわからないし
病院も探せなかった彼女
その彼女が事が終わったら
一人で抱えていく
って一人前なこと言われて腹がたっちゃいました。

既に彼女一人の問題じゃないのに。

って色々な感情が出てきて噴火してしまったのだけど。
時がたつに連れて

人それぞれだから仕方ないか。

と思ってきました。
理解できない事はたくさんあるけど
彼女は彼女なりに一生懸命考えて出した答えなんだろう
そう思いました。

でも、やっぱり気持ちよく彼女と会えるまでには時間がかかりそうだし、こないかもしれない。
次に妊娠しても心からおめでとうって言えそうにありません。

このことを考えるとムカついたり、悲しかったり、
もうどうにでもなれ!
って思ったり。

だけど、これだけ毎日考えるのは
根本的に彼女のことが大好きだからだと思う。
彼女という友人がいなくなるのは寂しい。
正直に寂しい。

あぁ~。なんなんだろう。この感情。
私はそんな思いがうまく伝わっているのかどうかわからないけど
手紙を書きました。
結婚が決まったときにみんなで用意した
色紙とエプロンと一緒に

彼女から
ありがとう
とメールがきました。
でも、最後の1行に
そのうちあなたに手紙かきます
とありました。

私の思いは届いてなかったようです
あきらかにおこってるようです。
あなた
なんて呼ばれたことないしなぁ。
スポンサーサイト
[ 2008/01/12 03:32 ] すぎのこ | TB(0) | CM(10)
お気持ちわかります・・・。
すぎのこさん、はじめまして。
ブログ、いつも拝見させていただいていました。

大切な友達を失ってしまうということは
本当につらいことですよね。
私もずっと仲の良かった友達に
主人のことをそれはもうボロクソに言われて
それっきりギクシャクしてしまい疎遠になってしまった人がいます。

最初、私も怒っていましたが、やっぱり人それぞれだと今は思っています。
十人いれば十人の価値観があると思います。
悲しいことですが、お友達はなくしてしまった命よりも、
自分の幸せのほうが大きかったのかもしれません。
ご両親も娘の幸せを考えて出した結論かもしれません。
言ったことにより、軽蔑され結婚が破談になることが
怖かったのかもしれませんね。
一人で抱えるということは、とても大変だしつらいことだと思います。
でも逃げではなく、真剣に考えて決めたのであれば
お友達も以前よりは少し強くなったのかもしれませんね。

きっとすぎのこさんの気持ちも、時間がたてばちゃんと伝わると思います。
すぎのこさんの優しさが、一時的な感情で見えていないだけだと思います。
また以前のようなお友達に戻れることを祈ってます。
元気出してくださいねv-411
[ 2008/01/13 15:40 ] [ 編集 ]
私なら…
もう自分からは連絡も取らないと思います。
振り回されてる身は辛いですし悲しいです。
考え方の違いがあったら、私なら一緒にいるときもそのことを考えてしまいそうだし、心から笑い合えないと思うからです。
彼女さんのだんなさんも、そんな重大なことを隠されてるのはどうなんでしょうか…。結婚する前に話しておくべきだったんじゃないかなぁと、やっぱり私も思います。。。

私は特別な高校に通っていた分、色んな友達が周りにいました。中絶した人だって沢山いましたし、妊娠が原因で高校を辞めさせられた子も居ました。在学中に妊娠して、子供を育てながら高校卒業した友達も居ました。

中絶とか妊娠とか、やっぱり人生においてとてつもなく大きな出来事ですよね…。私にもしそんな出来事が起きていたのなら、絶対付き合ってる段階で告げて、それでも良いと受け入れてくれるだけの大きな人と、愛し合うのが一番だと思います。
[ 2008/01/13 23:43 ] [ 編集 ]
苺子さんへ
こんな長い私の一人ごとにコメントありがとうございます。

苺子さんの言うように
一緒に笑ったりすることができない。

そうなんですよぉ。

心と心の付き合いができなくなるんですよね。
考え方の違いなんて世の中にたくさんあるけど
事の重大さが今回ばかりは大きすぎます。

考え方の違いって時には『そういう考え方もあるんだな』っていう別の見方の発見でもあるけど
今回はそんなふうに思えません。

中絶した事は仕方のなかった選択だったと思います。
仕方なかった・・・・なんていう言葉で片付けられる問題ではないですが・・・
私自身、流産を経験して、命の重さをさらに感じた今は、当時の自分の行動を悔やんだりします。
なぜ、中絶の手伝いをしてしまったのだろう。と・・・
こんなことならあの時、色々するんじゃなかった。。って思ってしまっています。

今のところ疎遠になっています。。。

[ 2008/01/14 00:16 ] [ 編集 ]
りんさんへ
リンさんへ
りんさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。
そして、こんな長い独り言にお付き合いしていただきありがとうございます。

スウさんのおっしゃる通り
彼女は彼女なりに真剣に考えたのかもしれない
のですが、今までの彼女の行動等を見ていると
なんだか真剣さにかけているように感じてしまうんです。

一人で抱えていくというのなら
きちんと結婚するにあたって私たちに一言
言うべきじゃなかったのかな?って思うんです。
そこに、その『失った命』に対しての真剣さがかけているように感じてしまう。

人それぞれだから仕方がない

と思う反面
出来ることなら彼女の考えを理解したい
と思う気持ちもあるのも正直なところです。

でも、やっぱり気持ちよく会うには時間がかかりそうです

またブログにいらしてくださいね♪

[ 2008/01/14 00:23 ] [ 編集 ]
こんにちわ!

・・・・・・壮絶ですね。なんというか産む意思がないのに避妊もしなかったのか。という思いとともに、中絶をした事を旦那さんに言わないまま結婚するのも私にも「?」です。
確かに「言わないままのほうがいい」っていう秘密は一つや二つあってもいいとは思いますが、そう中絶したりといったことは「言った方がいいことではないか?」と私は思います。

すぎのこさんはそのお友達のこととても大切に思っているのが文章からもわかるから・・・・・・そのお友達にすぎのこさんの気持ちがしっかり伝わるように、願うばかりです。
[ 2008/01/15 13:30 ] [ 編集 ]
moyoさんへ
コメントありがとうございました。
すぎのこも全ての過去を言わなくてもいいと思います。
でも、こういうことは私は話しておかなければ。。って思うことの一つです。
堂々と話せる内容ではないけど
これをはなさないでどんな夫婦を目指すのか気になるところです。
人それぞれなんだろうけど
やっぱり共感できないな。
[ 2008/01/15 23:36 ] [ 編集 ]
うんうん・・・・・・。共感できませんね。
夫婦になったときこういったことはちゃんと話しておきたいなって思います。なんというか、一番核になるという感じですよね。
彼に今のところ隠したりしてることは全くなくなったし、彼については謎だらけですけれど(笑)、隠さなくちゃいけないことは、やっぱり少ない方がいい!

[ 2008/01/16 11:17 ] [ 編集 ]
moyoさんへ
彼女はずっと秘密を抱えていって
彼との間に壁をかんじないのでしょうか?

すぎのこの場合ですけどのび太クンと夫婦になって、私の弱いところ、ダメなところ親よりもわかってくれる人だと思っています。

でもやっぱり価値観の問題なんですかね。
こうやって話しているとだんだんどうでもよくなってきてしまうんですよね。。。
どうでもよくなtったり、やっぱり気になったりデス
[ 2008/01/16 23:25 ] [ 編集 ]
私が借金問題を彼に打ち明けるまで・・・・・・。隠し事があるってことで一線を越えられないような壁を感じていたことがありました。
話したら彼があまりにもすんなり受け入れてくれたので、そちらにびっくりしましたが、肩の重荷が取れてより一層仲良くなりましたけれど、そのお友達の場合私とは違うけれど、夫婦間にとってとてもデリケートで重要な問題なのにはじめから話すことを拒否するなんて・・・・・・。すぎのこさんの言われるとおり価値観の問題だとは思いますが、私たちの思うような考え方ではないのかもしれませんね・・・・・・。
考えすぎると、堂々巡りですね(苦笑)

すぎのこさんはのび太さんと一緒になれて、本当によかったですね♪すぎのこさんたちのようにやっぱり弱い部分もだめな部分もひっくるめた本音の夫婦が、理想です♪
[ 2008/01/17 14:49 ] [ 編集 ]
moyoさんへ
いろいろご意見をいつもありがとうございます!

すぎのことのび太くんは・・のび太クンはどうかわかりませんが、すぎのこは自分のダメなところも弱いところも全て受け止めてもらえてる安心感があります。
すぎのこものび太クンの弱いところ、ダメなところも全部受け止めたい。そう思っています。
でも、そういう関係になるにはやっぱり壁をこえなくてはならなくて、時には傷付け合ってしまうこともあると思うんです。
すぎのこはその先に今より強い絆があるのならぶつかることも必要なのかも。と思っています。
まぁ、できることなら傷つけることなくわかりあっていきたいですけどね(^^)
[ 2008/01/21 02:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


☆すぎのこファミリー☆
気分は新婚!

オススメサイト








結婚式に関するサイト♪
すぎのこのお気に入りサイトです♪
お世話になっています☆
banner.gif
着たいドレスが自分で作れる手作りウェディングドレス教室。完全マンツーマン!
l_banner88.gif
Laciq Beads[ラシクビーズ]では、ウェディング・パーティーからデイリーまで「あなたらしく」をお手伝い。 ジュエリー感覚の手作りアクセサリーキットを150種類以上ご用意しています

すぎのこの小学・中学の同級生が所属しています! そして、すぎのこの結婚式を盛り上げていただきます! みなさんもどうですか?
メイションの二次会クン
二次会代行サービスです!予算によっていろいろプランがあるので一度相談してみるといかも!
newobject512.gif
名古屋にあるシルバーアクセサリー・ジュエリー教室です。 作りたいときに作れるようにと開講されたスクールです。 すぎのこは両親へのプレゼント作りにここで作らせていただきました。
妊婦さんにオススメ!
ティーライフ たまひよの内祝い
ブログランキング参加中♪
よかったらクリック↓お願いします♪

5style_Blue.gif
すぎのこカウンター
最近のコメント
データ取得中...
カテゴリー
見たいカテゴリをクリックしてください! 項目が現れます!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。